友達、仲間だからこそという関係性がいい。

どうも。仙台の整体「根白石整骨院」
日本酒好き整体師の荒川です。

福井の日本酒「舞美人」

夏のにごり酒。ぴちぴちしていて美味しい日本酒でした。

人とのつながりが大事

最近特に思うことなのですが人とのつながりが大事だということ。

以前はそんなこと思わなかったのです。

「自分が頑張ってさえいればいい」なんてことを思っていましたから。

でもそれだけだと「〇〇したらどうしよう」と不安を強く感じるのです。何かあっても誰も助けてはくれないから。

そりゃそうですよね。つながりがなければ助けようにも助けられませんから。

でも今は人とつながり頼りになる仲間がいてそういう不安がなくなりました。

心細かったり悩みがあれば相談できる仲間がいるのは本当にありがたいこと。

しかし反面、仲間でいる以上は結果を出し続けなければいけないとも思うのです。

仲間や友達でいるために

昨日、ボクはある友人のイベントに行ってきたのです。

そのイベントは友人とそしてそのイベントをプロデュースする方のイベントな感じ。

なんとなくその二人を見ていて「いい関係なんだなぁ」と勝手に思ったのです。

何も知らないし聞いてもいないけど「友達だからこそ」というのがある気がしたのです。

友達だからこそ甘えないという部分があるというような。

ボクはその友人とはお互い頑張っていたから友達になったと思うし、この先もしどちらかが頑張ることをやめたら会うこともなくなり友達関係は続かないのかなぁって思うのです。

「親しき中にも礼儀あり」みたいな感じですかね。

「向上心もって頑張って結果を出す」ということを怠けさせてくれないからとても刺激がある友人関係な気がしています。

でも友達、仲間ってそういうもんじゃないですかね?

これは一つの考えだしそうでなければいけないわけではなくボクや仲間はそういう考えの方が多い。

だから友達にもなるし仲間なんですよね。

厳しい関係かもしれないけど、だからこそ何かするときは全力で応援し合えると思うのです。

自分が友達を応援できるように頑張るし友達には「応援してるよ!」と言われるような存在でいたいですね。

そんなことを思いました。

では。また明日!!

根白石整骨院の特徴

院長の荒川は元高校球児で
自分自身が経験した足底筋膜炎・膝痛・股関節痛・坐骨神経痛などの「足の痛み」
オスグッド・シーバー病、野球肩・肘などの「子供の整体」
首こりや頭痛・めまい・不眠症など自律神経の不調からくる「女性のお悩み」を得意にしている整体師。

ご不明な点はぜひ気軽にお問合せください。

坐骨神経痛、足底筋膜炎、股関節痛、膝痛の方が6割来院される足の痛みを得意にしています。どこに行っても良くならない方はご相談ください。仙台で唯一の整体が口コミで評判で宮城全域や県外からも多数の方が来院されている仙台市泉区にある整体・整骨院。
The following two tabs change content below.
荒川 佳祐

荒川 佳祐

美味しい食事に合った日本酒を求めて年間150種類は飲む日本酒好き整体師。 冷酒・燗酒・常温酒どれも好きです。