小さなことが大きな信頼を得られる。

どうも。オスグッドの専門家「根白石整骨院」

日本酒好き整体師の荒川です。

ボクは商売をするうえで一番大事なものは「信頼」だと思っています。

信頼を得ることが長く商売を続ける秘訣なのではと10年経営してきて感じています。

どんなことで信頼を得られるのか?そんなことを考えてみました。

信頼を得る方法

そんな方法なんてものはないと思います。

ボクが考えるには相手のことを考え行動することで信頼を得られるのではないかと考えています。

どこを見ているのか?

お店などに行ってボクが信頼を感じることができるお店は、お客さんを見ているということ。

自己都合でことをすすめていない。相手のことを考えるのです。

ボクらの整体・整骨院業界で言うと、実は来院する前からそれははじまっているのです。

ホームページで優しさが見える

例えばですが、今はスマホユーザーが多いわけです。

当たり前のようにホームページはスマホ対応しなければいけないのです。

なぜならば、お客さんになる「読み手」が読みにくい観にくいという問題があるから。

だからやっていない人に優しさを感じることができません。

実際に優しい人とかそうではないという話ではなく、そう思われてしまうということ。

いま、ホームページのアドレスはSSL化ということを推奨されています。

まぁこれはどんな事というのは置いといて、それをしていないと「保護されていません」という文字がでてきます。

何も知らない人からすると、それは不安を感じると思います。

そんな不安を感じさせないために、その対策をする必要があると思うのですが、個人情報を扱わないから必要ないとしない人もいるし、そうなことを言う業者もいるようです。

ボクはそんな業者とは付き合えません。

信頼することができないから。

小さな気遣いが信頼を得る

ボクが良くいく生ものの食料品を販売しているあるお店。

そこでは「保冷剤いりますか?」ということを聞かれたことがありません。

これでもか!というぐらいに保冷剤が入っています。

そのことに気付いた時に「相手のことを考えているな」と思ったし「自社商品に愛情持っているな」とも思いました。

だって、とくにこんな暑い時に保冷剤いらないわけないじゃん?!(苦笑)

他のお店などでそういうことを言われると「えっ?!」と思います。

もしくは「入れて大丈夫ですか?」と聞くべきかなぁって。

実際はどうかわからないけど「経費削減のため?!」と感じてしまうと信頼することがボクはできない。

人の教えを素直に聞く

偉そうに書きましたけど、ボクも経営の師匠にこのことを教わりました。

根白石整骨院はフリーダイヤルです。

お問合せの電話料金がかからないのです。

だって、予約制なのはこっちの都合だし、電話して!って言ってるわけだから、それはお店側が負担すべきものと思うのです。

だからフリーダイヤル。

教えられたことをすぐに素直にやることも信頼につながると思います。

そういう人にたぶんだけど師匠もいろいろ教えたくなると思う(笑)

発信し続ける理由も「信頼」

あらゆるSNSやブログで発信をやり続けているのも信頼を得るためです。

どんな人なのか?というのを知ってもらうために考えを書く。

どんな悩みに役に立てるのか?というのを知ってもらうためにそれについて書く。

他にもいっぱいあるけど「なんかあの人はいろいろ体のこと詳しいからお願いしたい!」そう思ってもらえたら嬉しいし、そうなるように続けています。

そして極力「どんな事に興味を持っているのか?」もリサーチして書くように。

もちろん、まだまだなので、これからも相手のことを考えて行動していこうと思います。

The following two tabs change content below.
荒川 佳祐

荒川 佳祐

美味しい食事に合った日本酒を求めて年間150種類は飲む日本酒好き整体師。 冷酒・燗酒・常温酒どれも好きです。